2022.09.18更新

子宮内膜症とはどういう病気?

子宮内膜は、子宮の内側にある細胞で受精した卵子が着床するところですが、同時に生理の時に剥がれて出血してくる場所でもあります。

子宮内膜症はこの内膜が、子宮筋層や腹膜、卵巣の中に入り込んでいる状態で、整理のたびにいろいろなところで出血します。

筋層内に出血したものは吸収されますが、線維化を起こして子宮が大きくなり、生理痛が重くなったり、出血量が増えてきます。

卵巣の中に出血したものは、吸収されずにどんどん中に溜まってきてチョコレート嚢胞を形成します。チョコレート嚢胞は悪性化することもあります。

また、周りと癒着を起こして不妊の原因になることもあります。

生理痛の強い人は、今現在はっきりした所見がなかったとしても、将来的に内膜症になる可能性が高いと言われているので、早めに適切な治療をしておいた方がいいでしょう。

 

投稿者: ホワイトレディースクリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧