2015.10.20更新

 

出産を希望していても、残念ながら流産をしてしまう女性は多いです。
流産には、3種類あります。
完全流産、不全流産、稽留流産です。
この中でも、不全流産、稽留流産は手術が必要になります。

【不全流産】

不全流産というのは、胎児やその付属物のほとんどが自然に体外に出てくるのですが、その一部分だけが子宮に残ってしまい、出血を伴います。
その為、稽留流産よりも緊急で流産手術を行う必要性があります。
妊娠発覚後、出血が見られた場合は、急いでホワイトレディースクリニックへご連絡ください。

【稽留流産】

稽留流産は、ご本人は気が付きません。
その為、定期的な検診で判明するケースが多く、妊婦さんとしては「流産」という実感がなく、ショックが大きいようです。
不全流産ほど緊急な手術を必要とするわけではありませんが、やはり早めに気が付き、できるだけ早めに流産手術を行う事が重要です。

【流産は誰にでも起こりえることです】

流産率は、15パーセント前後といわれており、高齢の妊婦さんになると、20パーセントほどになります。
辛いお気持ちは当然ですが、それよりも早めに適切な処置を行い、健康的な身体を少しでも早く取り戻し、前向きに次の赤ちゃんを迎える準備を行うことが大切です。
ホワイトレディースクリニックは全力でサポートいたします!

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.10.08更新

 

今日は、避妊法として人気の高い、IUS・IUDのご質問で多い、メリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

【IUSのメリット・デメリット】

IUSのメリットは、何といっても避妊失敗率は0.14%と低く、効果が5年間という点でしょう。
また、月経出血が多く悩んでいる方や生理痛が重い方は、これを緩和できる可能性があるので、治療としての効果も見込めます。
最近の話ですが、治療目的の場合、IUSは保険適応となった点もメリットと言えると思います。
ピルのように飲み忘れなどを気にする必要もなく、コンドームのように性交時の煩わしさがないことも、良い点です。

デメリットは、人によっては不正出血があるという事と、細菌感染の可能性があることです。
不正出欠に関しては、軽度な場合が多いですし、細菌感染に関しては抗生物質を服薬することで治りますので、そんなに心配する必要はありません。

【IUDのメリット・デメリット】

IUDのメリットは、避妊失敗率は、0.1%~0.3%と低く、ピルのように飲み忘れなどを気にする必要もなく、コンドームのように性交時の煩わしさがないことでしょう。

デメリットは、IUSとは逆に、月経時の出血量が増える可能性があることです。
ですので、もともと出血量が多い方の場合は、IUSを選択したほうが良いでしょう。
また、銅アレルギー及び銅代謝異常がある女性の場合は、銅付加IUDは使えません。
後はIUSと同じですが、人によっては不正出血があるという事と、細菌感染の可能性があります。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.10.07更新


IUSとは、Intrauterine Contraceptive Systemの略称です。

これは、子宮内避妊具に黄体ホルモンがついていて、これが徐々に溶け出していくことで、避妊効果を生み出すというシステムです。
黄体ホルモンが、子宮内膜が厚くならないように作用します。
それによって、受精卵が着床するのを防ぎます。
その為、月経時の出血量および生理痛が軽くなるという効果も期待できるという、避妊以外の効果もあります。
避妊失敗率は0.14%と高く、黄体ホルモンの効果は5年間と長いので、今注目を集めている避妊法です。

ピルの場合、飲み忘れや通院という面倒な部分があります。
また、コンドームの場合、性交時の煩わしさが否めません。
IUSであれば、その点を解決できます。
「体内に器具を入れる」という行為自体に、いろいろ疑問や不安を感じる方が多いようですが、安全性は確証されていますし、日常生活や性交時の違和感はありません。

ホワイトレディスクリニックでは、IUSに対応しております。
望まない妊娠を避ける為にも、きちんとした避妊法を考えていきましょう。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.10.07更新


IUSとは、Intrauterine Contraceptive Systemの略称です。

これは、子宮内避妊具に黄体ホルモンがついていて、これが徐々に溶け出していくことで、避妊効果を生み出すというシステムです。
黄体ホルモンが、子宮内膜が厚くならないように作用します。
それによって、受精卵が着床するのを防ぎます。
その為、月経時の出血量および生理痛が軽くなるという効果も期待できるという、避妊以外の効果もあります。
避妊失敗率は0.14%と高く、黄体ホルモンの効果は5年間と長いので、今注目を集めている避妊法です。

ピルの場合、飲み忘れや通院という面倒な部分があります。
また、コンドームの場合、性交時の煩わしさが否めません。
IUSであれば、その点を解決できます。
「体内に器具を入れる」という行為自体に、いろいろ疑問や不安を感じる方が多いようですが、安全性は確証されていますし、日常生活や性交時の違和感はありません。

ホワイトレディスクリニックでは、IUSに対応しております。
望まない妊娠を避ける為にも、きちんとした避妊法を考えていきましょう。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.10.07更新


IUSとは、Intrauterine Contraceptive Systemの略称です。

これは、子宮内避妊具に黄体ホルモンがついていて、これが徐々に溶け出していくことで、避妊効果を生み出すというシステムです。
黄体ホルモンが、子宮内膜が厚くならないように作用します。
それによって、受精卵が着床するのを防ぎます。
その為、月経時の出血量および生理痛が軽くなるという効果も期待できるという、避妊以外の効果もあります。
避妊失敗率は0.14%と高く、黄体ホルモンの効果は5年間と長いので、今注目を集めている避妊法です。

ピルの場合、飲み忘れや通院という面倒な部分があります。
また、コンドームの場合、性交時の煩わしさが否めません。
IUSであれば、その点を解決できます。
「体内に器具を入れる」という行為自体に、いろいろ疑問や不安を感じる方が多いようですが、安全性は確証されていますし、日常生活や性交時の違和感はありません。

ホワイトレディスクリニックでは、IUSに対応しております。
望まない妊娠を避ける為にも、きちんとした避妊法を考えていきましょう。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.10.05更新

 

今日は、「コンドームを使う習慣」についてお話いたします。

【コンドームの歴史】

実はコンドームの歴史はかなり古く、ゴムを成形して作られたのは、1874年といわれています。
まだ、明治時代のことです。
その後、今の商品の形に近づいたのが、1934年。
つまり昭和初期には既に、コンドームが性病予防や避妊具として使われ始めたということです。
1979年にエイズウイルスが発見されたこともあり、昭和の後期には性病予防としても注目を集め、平成に入るころまでは、避妊具としても性病予防としても重宝されてきました。

【コンドームの避妊失敗率は2~15パーセント】

しかし今では、コンドームよりも避妊失敗率が低い避妊法がたくさん研究され、実用化に至っており、決まったパートナーがいて性交において性病を気にする心配がなく、かつ継続的な避妊を希望している場合は、ピルやIUD、IUSなどを選択したほうが安心という時代になりました。

しかし、まだ恋愛を謳歌しているような年齢であったり、パートナーがいるときもあればいない時もあるような時期の場合、IUD、IUSとなると、ちょっと大げさな印象を受ける女性も多く、ピルとなると「飲み忘れる」というリスクがあります。
また、ピルやIUD、IUSの決定的なデメリットが、性病は予防できないという点です。

コンドームの避妊失敗率は2~15パーセントであり、確かに避妊失敗率だけを見ると、ピルやIUD、IUSのほうが優位なのですが、性病感染リスクを考えると、コンドームはとても重要だと思います。
結婚しているとか同棲しているなど、長年のパートナーがいる場合はともかく、そうでない場合は、やはり、コンドームを使う習慣をつけるべきでしょう。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.10.01更新

 

今日は、基礎体温についてお話したいと思います。

【基礎体温とは】

朝起きて、体を動かす前の人間の一番安静時の体温を基礎体温といいます。
男性にはないのですが、女性の場合、女性ホルモンの影響で、一定のサイクルで排卵と月経があり、これによって体温が0.3~0.5度の間で周期的に変化していきます。
この周期には個人差があり、毎朝目覚めた時に基礎体温を測り、それをグラフ化していくと、個々の女性の周期がわかるようになります。
排卵の時期や排卵の有無、月経の時期や妊娠しやすいorしにくい時期が分かるようになります。

【避妊にも効果があります】

もちろん基礎体温や生理周期は、体調などによって変化が起こるので、基礎体温だけを頼りに避妊をするのには無理があります。
しかし、妊娠しやすい時期の性交を避け、他の避妊法と組み合わせることで、避妊失敗率を下げる効果はあります。

【自分の身体を知り、健康的な毎日を送ることができる】

避妊を考えていなくても、基礎体温を測ることは女性にとって、とても大切なことです。
生理がきていても、実は排卵が起こっていないというケースがあるのですが、これも基礎体温を数ヶ月測り続けることで判明します。
生理不順でお悩みの方も、まずは基礎体温でサイクルを知ることが重要です。

生理不順がある方は、10代から。
生理が順調な方もできれば20代に入ったら、基礎体温を測る習慣をつけていきましょう。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

新着情報

一覧へ >
2020/02/18
3/6(金)休診のお知らせ
2020/02/01
2月の診療
2019/09/20
費用
2014/06/30
ホームページを公開しました
手術前の注意事項 費用 中絶手術を繰り返さないために ホワイトレディースクリニック紹介 ホワイトレディースクリニックBLOG ホワイトレディースクリニックBLOG