2015.08.25更新


当クリニックでは、12週未満の中絶手術を行っています。
ですが、できることなら授かった命、産む選択を選んでほしいと願っています。
でも、いろいろな事情で、どうしても産むことができない時、中絶手術の道を選択することになります。

今まで私は、この決断まで、迷われる女性も多く見てきました。
妊娠・出産・中絶は、パートナーにとっても重要なことです。
自分だけで悩まないで、パートナーとよく話し合ってください。
もしかしたら、パートナーは考えが違うかもしれません。
悩んでいるあなたを、サポートしてくれるはずです。

その上で、やはり中絶手術をということになりましたら、少しでも早めにご来院ください。
妊娠11週に入ってしまうとギリギリです。
できれば、10週未満に中絶手術を受けましょう。
その方が、女性の体への負担が最小限ですみます。

手術自体は、日帰りで可能です。
ホワイトレディースクリニックでは、患者様にリラックスして中絶手術をしていただけるよう心がけております。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.08.13更新

当クリニックでは、12週未満の中絶手術を行っています。

12週以降は中期中絶手術と申しまして、入院が必要になります。
当クリニックには入院施設がございませんので、12週以降の中絶手術は行っておりません。
中期中絶手術に関しては、病院をご紹介いたしますのでご安心ください。

ホワイトレディースクリニックの中絶手術は、日帰り手術となります。
手術時間は10分ほど、その後、麻酔が覚めるまで3時間ほど休んでいただきます。
全体でも、3時間ちょっとのお時間で完了です。

手術ですので、同意書が必要になります。
基本的には、女性ご本人とパートナーの同意書が必要ですが、諸事情によりパートナーの同意書が得られない場合は、ご相談ください。

手術当日は、健康チェックを行い、点滴で麻酔を導入します。
その後、手術を行いまして、3時間ほど休んでいただき、術後検査をして問題がなければご帰宅いただけます。

術後、自転車や車の運転はできませんので、ご帰宅手段は事前に考えてご来院ください。
ご帰宅後、もし体調が悪くなっても大丈夫です。
ご連絡いただきご来院いただければ迅速に対応しますので、ご安心ください。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

2015.08.01更新


一昔前は「リング」という呼び方で呼ばれることが多かったので、リングと聞くと、「あれね!」とお分かりいただけるかもしれませんね。

IUDとは、Intrauterine Deviceの略称です。
樹脂性IUDと銅付加IUDの二種類があります。
樹脂性IUDは、劣化はほとんどないIUDではありますが、約2年から3年ごとの交換が理想的です。
避妊失敗率は、0.3%となっています。
銅付加IUDは、IUDの器具に銅がついていて、それが徐々に溶け出すことで、受精卵の着床を抑えるシステムです。
銅が溶け出す効能は、約5年継続されます。
避妊失敗率は、0.1%~0.2%です。

どちらも高い避妊効果を期待できますし、ピルのように飲み忘れなどを気にする必要もなく、コンドームのように性交時の煩わしさがありません。
「体内に器具を入れる」という行為自体に、いろいろ疑問や不安を感じる方が多いようですが、安全性は確証されていますし、日常生活や性交時の違和感はありません。

ホワイトレディスクリニックでは、樹脂性IUD・銅付加IUDどちらの避妊法も対応しております。
望まない妊娠を避ける為にも、きちんとした避妊法を考えていきましょう。

投稿者: ホワイトレディースクリニック

新着情報

一覧へ >
2020/05/01
5月の診療
2020/04/19
新型コロナウィルス感染予防対策
2019/09/20
費用
2014/06/30
ホームページを公開しました
手術前の注意事項 費用 中絶手術を繰り返さないために ホワイトレディースクリニック紹介 ホワイトレディースクリニックBLOG ホワイトレディースクリニックBLOG